オシムインタビュー 「アジアカップについて」
やべっちFCでオシムのインタビューがありましたので、それについて掲載したいと思います。カメルーン戦メンバー発表でのオシムの言葉に触発されたのでしょうか?(笑) まあ、今からでも遅いということはありませんがね。

記事を読む前に、
◎ サッカー人気blogランキング ◎
○ サッカー FC2 Blog Ranking ○
へのクリックをお願い致します。
「(アジアカップの結果について)私は自分のやったこと、選手たちがやったことに責任を取ります。今大会もし私たちに責任があるのならば、それは私にあるのです」

「(アジアカップでの収穫とは?)今回のアジアカップで最も攻撃的なサッカーをしていたのは我々です。常に攻撃的な布陣で試合をしていたのです。我々のチームで主にディフェンスをしていたのはセンターバックの中澤と阿部の2人だけです。両サイドバックの選手も守備よりも攻撃に重点を置きました。ボランチの鈴木啓太も同様にです。リスクは大きいと思います。しかしこれは日本代表にとって、とてもポジティブな経験なのです」


鈴木啓太と加地に関しては攻撃的であったとは言えないと思いますし、中盤の意識が守備的で、リスクを嫌った感じが強かったので、残念ながらオシムの意図に反して攻撃的であったとは言えないところです。2トップに4バックが必ずしもリスクが大きいとは言えないですからね・・・。しかし、日本は攻撃的に戦うべきだという考え方は私と同じなので賛同できるものがあります。日本代表にとってポジティブな経験になったことも確かでしょう。問題は、その攻撃の意識が少し弱かった、リスクを恐れた時間帯が多かった、最後まで攻撃の意識が持続できなかった、というところにあると思いますね。また、この先、世界の強豪相手に失点のリスクを恐れることなく攻撃の意識を強く持ち続けて戦うことができるのか、それも課題となってきそうです。

「(オシムが考える個の能力とは?)例えばタイミングを図る能力ですね。つまりチームプレーをしている時に、どのタイミングでドリブル突破するのか、どのタイミングでワンタッチパスを選択するのか、どのタイミングで周りを使うのか、その決断力が欠けていました。迷いがあったように見えました。私の指示にないものが、禁止されている雰囲気すらありました。日本の選手がこれまでいかに指導者に頼り切ってきたのかが分かります。そのため日本の選手は『自由』を理解しきれていない。当然チームには規律があります。その中で、どのタイミングで、どんなプレーをするのか、選手自ら決断することが『自由』です。例えば長い間監獄に入っていて突然釈放された人がいます。しかし、何をしたら良いのか分からない。そんな感じでしょうか(笑)」

大会中に俊輔が言っていたことと同じですね。「私の指示にないものが、禁止されている雰囲気すらありました」とオシムは言っていますが、これは、キリン杯の時にオシムが憲剛のプレーを怒ったことがありましたよね。ゴールを決めた後のパフォーマンスを考えていたとか、ヒーローになろうとしていたとか・・・。そういことが選手に影響を与えているような気がします。シュートするべきかパスするべきか迷った時に、やはりどうしても日本の選手は自分が監督から怒られないプレーを選択してしまいますから、結局パスが多くなってしまうわけですね。シュートを外して残念がられたくない。だからパスをする。「責任をパスする」わけです。それから『自由』ということに関してですが、100%自由という状況から最善のモノは生まれず、ある程度のルールや規律、制約と言い換えても良いですが、それが無ければ最善のモノは生まれてこないわけです。日本の選手は口々に「オシムは規律を何よりも重視する」というニュアンスのことを言いますが、そこに誤解があるのではないかと思います。つまり、規律というのはチームや組織がチームや組織として最低限成り立つ為に必要なものであり、その規律が100%であることは無いわけです。つまり、オシムは、個性を発揮してくれることを前提に厳しい規律を求めているわけですね。しかし、ここが外国人監督がカルチャーショックを受けるところだと思いますし、理解できないところだと思うのですが、日本人は本当に個性を発揮するのが苦手な民族なんですよね。個性の強い外国人選手の中で監督をやってきたトルシエにしてもオシムにしても、この日本人の「個性=我侭=協調性無し=悪」という考え方の根強さというものは理解に苦しむのではないかと思います。教育の場でも社会(会社・企業)でも、常に日本はダブルスタンダードで、建前では個性ある人材を求めているとアピールしながら、本音では個性の無い忠犬のような人材を求めているわけです。これはもう数年単位で解決できない日本文化の根本的な問題なので、例えオシムと言えども改善するのは難しいのではないかと思いますね。

「(日本が進むべき道とは?)総合的に考えると、個の能力における欠点を改善できれば、日本代表は更に進化するでしょう。そして、攻撃的なサッカーを維持しながら、どんな選手を選ぶべきかを考えなければなりません。もっとスピードのある選手やモダンなプレーをする選手を探す決断をするかもしれません」

そこでやはり生まれてくる考え方というのが「役割分担」という考え方だと思います。私はその支持者ですが、つまり、得点を取る選手はあなたですよ、と最初から決めてしまえば、もうその選手はそこから責任逃れできないですし、シュートを打って外しても周りから文句を言われない免罪符をその選手に与えることになり、それが日本人には適していると思います。「個の能力における欠点を改善」とは言っても、技術的なことだけでなく考え方の問題でもありますから、「役割分担」において与えられた役割だけを100%担ってもらい、余裕がある選手だけプラスαなことをやれば良い、という考え方が適しているように思います。攻撃的なサッカーを維持する為に、もっとスピードのある選手やモダンなプレーをする選手を探すかもしれない、ということですが、オシムの言うところのモダンなプレーというのが何を指しているのか分かりませんが、日本人はなぜ個性を発揮できないのか? オシムにはそこを理解してもらいたいと思いますね。それが理解できれば、日本人選手の活かし方や改善方法が自然と解ってくるように思います。

少しでも面白いと感じましたら、

◎ サッカー人気blogランキング ◎
○ サッカー FC2 Blog Ranking ○

への応援クリック投票をポチッと宜しくお願い致します。

【2007/08/20 09:45】 | オシムジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<皆様への質問 モダンなプレーとは? | ホーム | FC東京vs柏レイソル 第21節>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/593-e9bcce0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |