フル代表&五輪代表 明日の試合の注目点
さて、明日はフル代表と五輪代表の試合がありますが、それぞれのチェックポイントを考えてみたいと思います。

記事を読む前に、
◎ サッカー人気blogランキング ◎
○ サッカー FC2 Blog Ranking ○
へのクリックをお願い致します。
○ 五輪代表(反町ジャパン)

1 ボランチと周囲の関係

五輪代表の最も改善されなければならないポイントは、攻守における、ボランチとウイングバックの関係、ボランチとDF陣の関係にあります。ダブルボランチが(特に梶山が)ビルドアップに参加することなく早々に高いポジションを取るのでビルドアップが機能しなかったり、ウイングバックよりも早々に高いポジションを取ることが多い為にウイングバックの攻撃参加が上手く機能せず、逆にウイングバックの守備負担が多くなるという、全く機能的ではないボランチと周囲の関係がありました。ゴール前の人数を増やしたいという反町監督の意図からこのような状態になっていると考えられますが、もしそうだとしても、まずはボランチがビルドアップに参加して攻守の繋ぎ役となり、ウイングバックを効果的に攻撃参加させる為にレジスタとしてウイングバックへのパスの配給役になってから、それからボランチが前の人数を増やす為に高いポジションを取る、という手順というのか順番をしっかり守ってもらいたいと思います。これができていなければ、チームは機能不全に陥っていまいます。従がって、明日の試合ではそこがきちんと改善されてきているのかをチェックする必要があると思います。

2 攻撃時に3人以上が連携して動く

もう1つ五輪代表で気になるのは、攻撃時に、攻撃が2人だけの関係性で崩そうという場面が多いことです。例えば平山が左サイドでボールをキープして、そこに本田圭がオーバーラップしてくるという場面で、そこに第3の選手が連携してサポートに来ることが少なく、全体的な連動性というものが感じられません。つまり、2人の関係性だけで崩している場面が多く、その他の8人の選手の足が止まっていることが多いということですね。ベトナム相手ならばそれでも崩せるかもしれませんが、この先において、強豪国と対戦する時には、それでは絶対に崩せないと思いますから、明日の試合では、攻撃時に3人以上の選手がきちんと連動性を持って動けているのか、そこをチェックしたいと思います。

○ フル代表(オシムジャパン)

1 前田、高松、田中達、山瀬、大久保のパフォーマンス

オシムジャパンの方はまずこれですね。高松を除く残りの新戦力は、アジア杯で足りなかった、個の力で仕掛けたり、得点を取ることのできる選手たちですから、カメルーンという強豪国相手にどこまで高いパフォーマンスを発揮できるのか、そして、結果を出すことができるのか、そこがチェックポイントになると思います。オシムの話によれば、与えられるチャンスは45分以上無いことになりそうなので、その短い時間でどれだけ自分の武器をアピールできるのか、それを期待したいと思います。

2 闘莉王と中澤のセンターバック

もう1つ注目なのは、現在日本のセンターバックコンビとして最強と思われる闘莉王と中澤のセンターバックコンビが、エト-が存在し攻撃力の高いカメルーンの攻撃にどれだけ対応できるのか、ということですね。もし闘莉王と中澤のセンターバックコンビでボロボロに崩されることになると、日本代表の未来に大きな暗雲が立ち込めることになります。もちろん守備は彼ら2人だけでやるものではなく、ボランチやサイドバックのデキにも左右されるものですが、個の対応能力としてどうなのかは確かめることができると思います。

○ 後記

五輪代表は組織力、フル代表は個人力、それぞれ正反対のことがチェックポイントになりそうですね。五輪代表はもう1つのチームを作る段階を終えて完成された姿というものを示さなければなりません。フル代表は1つの集大成を見せなければならなかったアジア杯を終えて、新たに補わなければならない部分が明確になり、それを埋めてくれる選手、高原のパートナー、ドリブラー、得点力のある選手、そういう選手を見つける段階にまた入りましたから、カメルーン戦、そして、欧州遠征ではそこが焦点になりますね。そこで何をやるべきなのか明確にし、1つ1つ塗り潰すように強化していくことが大事ですから、そういうプランを明確にした試合を見せてもらいたいと思います。

このブログを応援してくれる方は、

◎ サッカー人気blogランキング ◎
○ サッカー FC2 Blog Ranking ○

への応援クリック投票をポチッと宜しくお願い致します。

関連記事
【2007/08/21 18:48】 | サッカーの話題全般 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
<<カメルーン戦 親善試合 | ホーム | 皆様への質問 モダンなプレーとは?>>
コメント
部下Dさん、コメントありがとうございます。

試合としてはフル代表の方が面白そうですが、気になるのはどちらかと言えばU-22代表の方ですよね。
【2007/08/22 12:41】 URL | 管理者 jube #-[ 編集] | page top↑
U-22代表ですが、伊野波が離脱した事で、4バック起用なのかと思いますので、少しはWBと梶山の関係とかは改善されるのかと思います。
個人的に、今のU-22は、水野をWBよりもSHかWとしての起用して守備負担を軽減させたいので、4バックが良いと思うのですが、伊野波が離脱したから4バックなのか、それとも伊野波がいても4バックだったのか?
そして、4バックが機能的だから4バックにするのか、A代表が4バックだから4バックにするのか、そういう点を見たかったんですけどね。
何よりもスタメンが気になるのがU-22の方なのが・・・本当はコアが決まっていないとおかしいじゃないのかな?
【2007/08/22 08:59】 URL | 部下D #rfd0pXqk[ 編集] | page top↑
情報ありがとうこざいます
招集メンバーの中で唯一プレースタイルが把握出来ていなかった選手なので、今後の参考にさせていただきます。
時間使わせてしまいましたね。また来ます(^ー^
【2007/08/22 01:14】 URL | フォーク #-[ 編集] | page top↑
フォークさんへ

そうですねぇ・・・、主観ではありますが、山瀬は理想的なOMFと言えるかなと思います。運動量が多く、スピードも有り、ドリブル突破も可能で、パスも出せる選手で、得点力もある選手です。確か現在JではMFとして最高の10点を取っている選手です。しかし、怪我が多い傾向があり、そこが難点と言えば難点かもしれませんね。オシムが最も好むタイプの選手かなと思うのですが、最初に呼ばれたきり呼ばれなくなったのが不思議な感じでした。
【2007/08/22 00:55】 URL | 管理者 jube #-[ 編集] | page top↑
個人的にはMFに突破型選手が欲しいので、そうなると大久保一人かなと思ってたんですが、恥ずかしながら山瀬に関しては全くの無知なんですよ(汗)
どういう選手なんですか?今更ですが(笑)

【2007/08/22 00:45】 URL | フォーク #-[ 編集] | page top↑
フォークさん、コメントありがとうございます。

どうも、お久しぶりです。左サイドバックは駒野、阿部、今野でオシムの中では固まってしまったようですね(苦笑) 但し、欧州遠征では中田浩と三都主が試されると期待しています。しかし、突破型選手は、田中達、大久保、山瀬というあたりがそうなのかなと思いますが、フォークさんにとっては違うということなのでしょうか? 
【2007/08/21 23:23】 URL | 管理者 jube #-[ 編集] | page top↑
お久しぶりです
フル代表 バランス悪くないですか? 左SBや左ウイングバックに本職の選手が居ないのが気になります。左に駒野や今野では期待できないんですけど…
突破型選手が居ないのも気になりますが、家長や水野は五輪予選があるので仕方ないですね(^^;

【2007/08/21 23:05】 URL | フォーク #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/595-b97d50f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |