日本人DFの問題点
「日本人FWの問題点」「日本人MFの問題点」、を考えてきましたが、最後に「日本人DFの問題点」です。

記事を読む前に、
◎ サッカー人気blogランキング ◎
○ サッカー FC2 Blog Ranking ○
へのクリックをお願い致します。
○ サイドバックの問題点

サイドバックについては2つ程あって、
それは、

守備:間合いとタイミングと1対1の対人守備

攻撃:判断力とセンタリングの技術

ということです。

まず守備においてですが、

サイドバックの守備における第1の役割は、
センタリングを上げさせないこと、

なわけです。

では具体的にどうするのかと、
どういう対人守備をすれば良いのかと言えば、
それが、

間合いとタイミング、

ということになります。

近過ぎてもいけない、
遠過ぎてもいけない、
そういう絶妙な間合いというのがあって、
その間合いというのは相手選手によっても異なるのですが、
早くその相手がプレーできない間合いというものを見つける、
それが具体的な方法となります。

相手がプレーできない間合い、
相手が嫌がる間合いというのは、
つまり、
ドリブルで仕掛けようにもいけない、
これは間合いが狭い方が苦手な選手と、
広い方が苦手な選手がいます。
センタリングを上げるには距離間が微妙、
モーションに入ると寄せられてしまう、
ということです。

そして、対人守備とは、
DMFのところでも同じことを記しましたが、

相手のフェイントや緩急の動きに粘り強くついてゆける、
反射神経と洞察力。

身体の大きな相手にも競り負けない、
体捌きとボディバランスの保ち方、
そして、相手のバランスを崩す身体の寄せ方。

ということです。

タイミングも同様ですね。

この「間合いとタイミングと1対1の対人守備」、
ということが世界で通用するサイドバックが、
残念ながら今の日本人選手にはいません。

今までの日本人サイドバックの中で、
最もこのような守備のレベルが高かったのは、
全盛期の、相馬、名良橋、服部、という3選手でした。
しかし、それでも世界と比べれば質はまだまだでした。

最近ではやはり、
加地と駒野が守備レベルの高いサイドバックですが、
まだアジアレベルでも普通程度かなと感じます。

そして攻撃に関してですが、

センタリングの技術、

これは誰もが指摘している部分だと思います。
具体的には、

「ベッカムのセンタリングはなぜ良いのか?」

こちらの記事に書きましたのでご参考下さい。

判断力とは、
つまり攻撃参加における判断力ということですが、
どのタイミングで攻撃参加するのか?
という部分ですね。

サイドに広大なスペースがあるなら、
最初から高い位置にポジショニングする。

サイドにスペースが無い状況ならば、
なるべく低い位置から一気に高い位置へ駆け抜ける。

例えばそういうことです。
事例を挙げれば切りが無いないのですが、
要するに、
オートマチックに攻撃参加するのではなく、
そのつど判断して攻撃参加するべきだということです。

また、判断として、
サイドをオーバーラップするのか、
SHのサポート役に回るのか、
それとも中へ入って攻撃参加するのか、
それも重要になってきます。

現代サッカーにおけるサイドバックとボランチというのは、
とても似通っていて、
オシムはサイドバックとボランチをポリバレントとして起用していますが、
それはこの為であるとも言えます。

ポジションがセンターなのかサイドなのか、
その違いによって担わなければならない役割は変わってきますが、
求められる能力は近いものがあります。

個人的には、
阿部が右サイドバック、
加地がボランチ、
に最も適性があると考えています。

まあ、それはともかく、

守備:間合いとタイミングと1対1の対人守備

攻撃:判断力とセンタリングの技術

これが日本人サイドバックの問題点であり、
今後の向上なくして日本代表の向上は無いと言えると思います。

○ センターバックの問題点

強さと高さ、

これはセンターバックに欠かせない能力です。

この能力が高ければ高い程良いことは言うまでもありません。

むしろ日本人センターバックの問題点としては、

ボール奪取能力、

と、

次のプレーを予測する能力、

の未熟さにあります。

相手の攻撃がどのようなパターンで得点を取りにくるのか、
それを予測して先に動かなければ、
なかなか世界レベルの攻撃を防ぐことができません。

そして、
先に相手のプレーを予測して動き、
相手のボールを奪い味方へ繋ぐ守備ができたときに、
そのセンターバックの守備は100点、
120点満点と言えます。

私はセンターバックのスペシャリスト性を考慮して、
センターバックにはそれほど多くのことを求めない人間なので、

次のプレーを予測してボールを奪う守備。

これだけが日本人センターバックの問題点であると考えています。

もちろん前提には、
当然センターバックのスペシャリストなのですから、
高さと強さがより高いレベルにあることは然りです。

○ 日本人DFの問題点

サイドバックにおいては、

守備:間合いとタイミングと1対1の対人守備。
攻撃:判断力とセンタリングの技術。

センターバックにおいては、

次のプレーを予測してボールを奪う守備。

これが日本人DFの問題点であると感じています。


このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、


◎ サッカー人気ブログランキング ◎

○ サッカー FC2 Blog Ranking ○

への応援クリック投票をポチッと宜しくお願い致します。

関連記事
【2007/09/07 21:44】 | 育成・技術・練習論 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<オーストリア戦 欧州遠征(3大陸トーナメント) | ホーム | 日本人MFの問題点>>
コメント
サイドバックには新井場を推します。
【2009/09/17 19:20】 URL | ランダム #UMtEH1cc[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/617-db5bf415
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |