スイス戦 欧州遠征(3大陸トーナメント)
開催日:2007年9月12日。
スコア:「4-3」
得点者:マニン(FK) ヌクフォー(PK) 俊輔(PK) 巻 俊輔(PK) ジュルー 矢野

記事を読む前に、
◎ サッカー人気blogランキング ◎
○ サッカー FC2 Blog Ranking ○ 
へのクリックをお願い致します。
○ 試合分析

前半10分FK、12分PK、スイス代表が早々に日本代表を2点リードする展開。日本は松井が裏に抜け出して、深い切り返しからシュートを放ったシーンが唯一最大のチャンスでしたが、シュートは枠に飛ばず得点にはならなかった。個人、組織、トータル的にスイスが上回っての前半終了となりました。
後半は意外な展開(笑) 闘莉王もしくは中澤のセンターバックがリスクを背負って積極的に攻撃参加することによって日本が優勢になる。松井が左サイド、ドリブルで仕掛けてPKを獲得。俊輔が決めて「1-2」。そして、セットプレーから、俊輔のボールに巻が頭で合わせてゴール。「2-2」の同点。さらに、CKのショートコーナーから俊輔のクロスボールに巻が相手DFと競り合ってPK獲得。再び俊輔がPKを決めて「3-2」と日本が逆転した。しかし、今度はスイスがCKからゴールを決めて「3-3」となった。このまま同点で試合は終わるかと思われましたが、最後に劇的な展開が待っていました。スイスのセットプレーの流れから日本がカウンター攻撃。山岸が左サイドから入れたセンタリングに憲剛がシュート。このシュートはGKに弾かれたが、そのこぼれ球を矢野が押し込んでゴールを決めた。これで「4-3」。日本がスイス相手に4点取って勝利しました。

○ 日本分析

「4-5-1 DB型」 

FW :巻
OMF:松井 遠藤 俊輔
DMF:鈴木 稲本
DF :駒野 闘莉王 中澤 加地 
GK :川口

交代:松井→山岸 巻→矢野 遠藤→佐藤 俊輔→憲剛

前半だけだったら、走るサッカーはどこへいったのか? という感じで、最悪の試合でしたが、後半は生まれ変わったようになりました。「相手を恐れずに自分たちのサッカーをやろう」「リスクを背負って攻撃しよう」、そういうハーフタイムの指示が功を奏したのではないかと思います。特に闘莉王が攻撃参加することによって、スイスの守備が混乱しましたね。松井、駒野、加地、が相手を恐れずに仕掛け、俊輔も前を向いてプレーするようになり、結局、後半だけで4点奪っての逆転勝ちは気分が良いです(笑) 審判がPKを取る審判だったというのもありますが、それはお互い様だったので、問題無いと思います。
さて、3失点した守備の方ですが、いずれもセットプレーからの失点ということで、課題としては残りました。五分五分な1対1の競り合いで負けないこと、やはりこれなくして、相手にセットプレーのチャンスを与えない、ゴール前での競り合いに負けない、という課題は克服されないと思います。

○ 選手評価(10点満点) 

巻 6点

前半だけなら3点評価でしたが、後半は1ゴールに1PK獲得と、仕事をしました。ゴールシーンはフィジカルの強さを見せましたね。ポストプレーも頑張っていました。しかし、前半は、巻のポストプレーに関して、仲間からの信頼感が無いのかなぁ、という感じでした。ボールを失いたくない日本の選手としては、なかなか縦へのくさびを巻に入れるということに躊躇しているようなシーンが目立っていましたね。この試合のように結果を出して、仲間からの信頼をどんどん高めていって欲しいです。

松井 7点

やはりドリブルで仕掛けられるというのは強いですね。前半の決定機は決めて欲しかったですが、それを含めても、高い評価を与えられると思います。高原、俊輔、に続いて、もう1枠も、これで松井に決まったのではないでしょうか? そう思わせるようなパフォーマンスでした。守備でも頑張っていましたね。

遠藤 4点

中盤のボールの落ち着き所、展開の起点、それが遠藤の持ち味だと思いますから、起用するならやはりボランチでしょうね。ガンバでは活躍していても、世界と戦う時にOMFは厳しいと思います。このポジションには山瀬を起用して欲しいですね。

俊輔 6点

2ゴール(PK)1アシスト。結果は評価したいと思います。止まっているボールからのプレーには威力がありますね。しかし、流れの中からのプレーには・・・です。とにかく前を向いてプレーしないことには、高い位置でプレーしないことには、相手に脅威を与えられませんから、仲間を信頼して、我慢して、下がらずにプレーして欲しいですね。

稲本 5点

ポイントポイントでは良いプレーを見せていましたが、もっと流れの中に絡んできて欲しいです。鈴木&阿部でも、鈴木&稲本でも、なぜか鈴木が攻撃的に出ることが多いのですが、これはオシムの指示なのでしょうか? 良いミドルシュートも1本見せましたし、もう少し攻撃面でアグレッシブな稲本を見たいですね。

鈴木 5点

6点評価でも良いのですが、少し厳し目に5点評価にしておきます。いつも通り、中盤での素早いチェック、攻撃参加したCBやSBのカバーリングは適確でした。繋ぎのパスでも、オーストリー戦よりは、ワンタッチのパスを意識して、改善されていたと思います。後はやはり世界と戦う時の対人守備ですね。ここが稲本程度に強くなれば、もっと日本代表は強くなるだけに、頑張って鍛えてもらいたいです。

駒野 4点

ちょっとね・・・。攻撃でも守備でも良いところが無かったかなという感じです。守備では1対1の勝負、攻撃ではセンタリングにかかる場面での消極的なプレー、これを改善しなければなりませんね。個人能力の上積みが必要です。

加地 3点

厳しい。厳しいですね。加地を使い続けるメリットを感じません。日本には他にも右サイドバックがいますし、今の加地ならば、今野や阿部などを右サイドバックで起用した方が良いように思います。オシムは加地のことについて言及しませんが、いったいどう思っているのでしょうか? 不思議ですね。

中澤 5点

まあ、自分のやるべき仕事はこなしたと言えるかもしれませんが、どうも物足りないですね・・・。相手の1トップに対するマークも甘かったように思います。もっと厳しくチェックしないと、世界相手には通用しませんね。

闘莉王 9点

相手にPKを与えなければ10点満点の評価でした。攻撃でも守備でも闘莉王が起点、最高のパフォーマンスだったと思います。今更ですがアジアカップにいなかったことが悔やまれますね(苦笑) しかし、攻撃でも守備でも闘莉王ばかりで、他の選手が情けないです。だらしないです。

川口 4点

3失点にプラスして、最初のFKは止めて欲しかったというのがありますから、4点評価ですね。もう少し適確な指示出しというのを見せて欲しかったと思います。

* 交代選手は評価無し

○ 試合後記

どうやら日本が優勝したようです。まあ、タイトルはどうでもいいですが・・・(笑) 前半のスイスはトライアングルがしっかりしていて、組織立った良いチームに感じたのですが、やはりその組織的なスイスを崩したのは、日本選手の個の力だったと思います。松井のドリブル、俊輔のセットプレー、巻の強さ。ボールを回しているだけでは恐くないですし、相手を必要以上に恐れることはマイナスであるし、リスクを取らなければ得点は取れない、そういうことを学べた良い試合だったように思いますね。

少しでも面白いと感じましたら、

◎ サッカー人気blogランキング ◎
○ サッカー FC2 Blog Ranking ○

への応援クリック投票をポチッと宜しくお願い致します。


【2007/09/12 06:28】 | オシムジャパン試合 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<カタール戦(H) 北京五輪アジア地区最終予選 | ホーム | イタリアvsフランス UEFA EURO 2008>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/624-b4a21e7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |