エジプト戦
開催日:2007年10月17日。
スコア:「4-1」

記事を読む前に、
◎ サッカー人気ブログランキング ◎
○ サッカー FC2 Blog Ranking ○ 
へのクリックをお願い致します。
「4-4-2 ボックス型」 

FW :前田 大久保
OMF:山岸 遠藤
DMF:鈴木 憲剛
DF :駒野 阿部 中澤 加地 
GK :川口

交代:山岸→今野 遠藤→藤本 鈴木→橋本 

「オシムジャパン祭りだ~!」というような、なかなか「祭りだ! 祭りだ!」という試合でした。まあ、しかし、浮かれてばかりでも「そこまでの試合でしたか?」とお叱りを受けそうなので(笑)、冷静になって分析してみようと思います。まず、3トップもしくは1トップなのかなと思いきや、2トップでしたね。FWとMFの連動性という意味で前線でのプレスのかかり具合はソコソコでしたが、駒野&加地という両サイドバックが、かなり積極的にプレスへ出ていたので、中盤でのプレスとしては効いていたように思います。そして、2トップシステムで最も有効的な形、前田&大久保の2トップのボールキープ力が高く、決定力もありましたから、攻撃に関してはMAXに近いデキだったと思います。山岸の縦への動きも効いていたと思いますね。しかし、対して守備ですが、セットプレーの時の壁の作り方、阿部の1対1、後半15分過ぎからの集中力とスタミナ、この辺りには課題が残ったかなと思います。エジプトの決定力が高ければ「4-3」ぐらいで終わってもおかしくなかったかなと思いますね。まあでも、2007年の最終戦を良いイメージで終われたこと、前田&大久保というアテネ世代のFWの活躍が見られたことは、とても良かったと思います。


前田遼一  7点

山岸のポストから裏でボールを受けて決めたゴールは良いゴールでした。ポストプレーも効いていましたし、能力の高さを充分に見せてくれたと思います。何度かあった決定的チャンスを外したのは残念ではありますが、まだまだこれからに期待を膨らませてくれるパフォーマンスだったと思います。もっとエゴイストになってゴールを狙っても良いですね。

大久保嘉人 10点

神戸でMFで起用されている効果が出ていると感じました。マジョルカ時代の大久保の試合を90%ぐらい見ていた私としては、「MFで起用すれば良くなる」、と繰り返し書いていたのですが(「ジーコジャパンの軌跡」時代)、それは大久保のポジション適性のことだけではなく、「オフザボールの動き」がMFを経験することで改善されるのではないかと感じていたからです。高校時代の大久保はミドルの位置からでもゴールを決めていたのですが、プロになってからは、とにかくDFラインから縦に走るプレーばかりの繰り返しで、まさに猪突猛進、レベルの高いDF陣相手には全く通用していませんでした。しかし、この試合で見せた2つのゴールは、どちらも良い動きでした。ボールを受けて素早く回転してミドルの位置からシュート。偶然素晴らしいコースに飛んだという要素もありますが、やはりシュートは打ってみなければ入らないし、なによりも事前にイメージができていたことが素晴らしいゴールでした。2点目においては、以前の大久保ならば早過ぎるタイミングでゴール前に入り、結局スタンディングでのヘディングになってしまい、シュートが上手く打てない状態になっていることが常でした。しかし、この2点目はよくタイミングを計って、センタリングに対して後ろから飛び込みましたから、相手DFのマークも外せましたし、上手くヘディングがミートしたように思います。FWであっても大久保は中盤に下がってプレーしてからゴール前に上がるプレーの方が効果的だと思いますから、今後もこのようなプレーが続けて見られるならば、高原とのコンビはとても楽しみになりますね。ボールキープも素晴らしく、ファールを受けてもエキサイティングしなかったことも高評価です。

遠藤保仁 6点

1アシスト。結果は出しましたが、ちょっと存在感が薄いし、仕事量も少ない気がします。この試合ではセットプレーでのキックの精度も欠いていました。右SHでの起用でしたが、同じポジションならば、俊輔の控えの粋を出ないかなと思います。PA付近やPA内では期待感の薄い選手ですし、無難なプレーを見せてはいますが、それでは生き残るのにアピールが足りないかなと思います。

山岸 智 6点

アジア杯の時にも感じたのですが、山岸が前線でポストプレーを見せた時にチャンスになることが多いのですよね。前田のゴールの時にポストプレーをしたのは山岸でしたが、その前にも、山岸がポストプレーで前田に落とすというシーンがありました。山岸は左サイドをドリブルで崩すタイプではありませんから、山岸を起用するならば、山岸がFWと入れ替わってFWの位置に入りポストになる、という形を意識してやっても良いかもしれません。また、山岸起用の是非とは別に、やはりSHに俊輔と遠藤のようなタイプを並べるよりは、1人は縦に勝負できる選手を起用した方が機能的であることに間違いはなさそうです。

中村憲剛 6点

守備の1対1の場面で、競り負ける、競り勝つ、五分五分な感じでした。攻撃面でも、良いシュート1つ、効果的なパスは無し、ということで、稲本という大きな壁を考えると、まだまだアピールが足りない感じです。遠藤と憲剛のパスワークからFWやSBに決定的なパスが出せれば良かったと思います。最近では鈴木啓太が前に出るシーンも増えているので、稲本にしろ憲剛にしろ、前へ出るのに逡巡することが多いのかと思いますが、もう少し積極性なり、ロングフィードなりが見られると良いかなと思います。

鈴木啓太 7点

しかし、試合数が多いながら、オシムジャパンが発足してから1年以上、鈴木が不安定だった試合は1つか2つぐらいで、とても安定していますね。まさかここまで良い選手だったとは、1年、2年前までは考えられなかったです。闘莉王、中澤、鈴木、もう1人の守備中央のボックスが完成すれば、アジアでは間違いなく最高レベルの守備が構築できそうですね。

駒野友一 5点

左SHに山岸が起用されたので、駒野が攻撃参加するシーンは少なかったですね。守備面でも、左でのやり難さというのを感じました。中へ入ってシュートを打つなど、意欲としては良いプレーを見せていたと思いますので、様々なことを考慮して、まずまずだったのではないかと思います。

加地 亮 7点

年に1度か2度見られる加地の素晴らしいゴール。それがこの試合で出ました。右足ワントラップで相手をかわすプレー、左足で逆サイドを狙った正確なグラウンダーのシュート、全てが完璧でした。右SHの遠藤が中へ移動してプレーしますから、スペースが空くので、この試合で加地は攻撃参加し易かったように思います。加地がゴールシーンでPA内へ入ってきたことがそれを象徴していると思いますね。守備ではソコソコ安定している選手なので、攻撃で結果を出せば、自然と評価は高くなりますよね。

中澤祐二 7点

ボンバーヘッドの強さは健在。この試合では阿部がパートナーということで、クロスボールなど高さへの対応は中澤に負担がかかったと思いますが、良く弾き返していたと思います。ベテランの域に入り、試合数が多くなるとパフォーマンスが低下するという傾向がありますから、そこのスケジュール管理が今後は大切になってくると思いますね。

阿部勇樹 5点

途中から怪我の影響もあったのかな? 1対1で少し負けるようなシーンがありましたね。ACLの城南一和戦では流石と思わせるような1対1の強さも見られましたが、相手のレベルが上がってくると、センターバックとしては不安を感じます。また、この試合でも、後半、もっとDFラインをコントロールして下げない指揮もできたら良かったと思いますね。

川口能活 6点

セットプレーの時の壁の作り方の指示ですよね~・・・。同じようなミスが二度目ですから、セーブでは危なげなかったので(キャッチミスあったかも?)、合格点である6点を付けましたが、もう少しという感じでしょうか・・・。


* 交代選手は評価無し


エジプトの実力としては50~60%ぐらいかなと思いますが、4点取りましたから、それなりに高評価できる試合だったのではないでしょうか。オシムジャパンの戦力で欠けているのは、後は左サイドの選手ですね。三都主、家長、藤本、中田浩二、これらの選手の起用試験、もっと必要ではないかと思います。W杯予選前に目処が立つと良いのですが・・・。


少しでも面白いと感じましたら、

◎ サッカー人気blogランキング ◎
○ サッカー FC2 Blog Ranking ○

への応援クリック投票をポチッと宜しくお願い致します。


【2007/10/17 22:23】 | オシムジャパン試合 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<カタール戦(A) 北京五輪アジア地区最終予選 | ホーム | イタリアvsグルジア UEFA EURO 2008>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/659-976e1784
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |