カタール戦(A) 北京五輪アジア地区最終予選
開催日:2007年10月18日
スコア:「1-2」

記事を読む前に、
◎ サッカー人気blogランキング ◎
○ サッカー FC2 Blog Ranking ○ 
へのクリックをお願い致します。
「4-5-1 DB型」 

FW :李
OMF:本田圭 柏木 水野
DMF:細貝 青山敏
DF :伊野波 水本 青山直 内田 
GK :山本

交代:水野→家長 李→森島 柏木→上田

ダブルボランチは、本田拓が累積警告、梶山が怪我、ということで細貝と青山敏になりました。カタール(H)戦と異なるのは、1トップが森島から李に、左SHが家長から本田圭に代わりました。本田圭はカタール(H)戦時は累積警告で出場停止でした。

平山でも森島でもなく李なのはなぜ?

考えられる理由としては、消去法として李になったのかなと思います。守備面を考えると平山は消える。カウンターで裏へ走れるスピードを考えると森島が消える。ということで、守備でも貢献できる上に裏へ走るスピードのある李になったのかと思いますね。

攻撃の為ではなく守備の為の攻撃は必要

反町ジャパンがとても守備的で、守備意識を高く持って戦っていることはよく分かりました。「勝つことよりも負けないこと」その方針には賛同できます。しかし、それと「攻撃を捨てること」とは別問題となりますよね。日本が攻撃している時は、当然、カタールは攻撃できないですし、日本がボールを保持している時も、当然、カタールは攻撃できないわけです。つまり、攻撃は得点を奪う為だけにあらず、守備の為にも必要ということですね。ボールポゼッションを柏木1人頼みでは厳し過ぎます。後半から水野に代えて家長を投入しましたが、ドリブルによる突破力とボールキープ力がある家長を、水野ではなく最初から起用するべきだったと思いますね。

守備重視なら中盤とDFの「4-4」がしっかり8枚守備ゾーンを形成すべき

特に水野ポジションが、かなり中途半端でした。初めは李との2トップなのかなと感じるぐらい中途半端なポジショニングでした。前からプレスするならもっと前に、後ろに下がって守備をするならしっかり中盤4枚の守備ラインを作れる位置に、そういう明確なポジショニングが大切です。しかし、守備的な戦い方をしていたのですから、中盤とDFの「4-4」でしっかり8枚守備ゾーンを形成すべきだったと思いますね。

ボランチが守備ラインに吸収されてはいけない

相手のMFのマークについて守備ラインに入り局地的に守備するならば良いことですし、それは必要ではありますが、細貝が相手のFWのマークについてDFラインに吸収されることは良くないことですね。なぜならば、それによって中盤のスペースがポッカリ空いてしまうからです。結局そうなると、青山敏が1人で中盤の底を守らなければならなくなり、柏木がボランチまで下がって守備しなければならなくなりますから、どんどん苦しくなります。「攻撃の為ではなく守備の為の攻撃が無かったこと」「守備ゾーンがしっかり形成できていなかったこと」「ボランチが守備ラインに吸収されていたこと」、この3つのポイントが、後半の逆転負けの原因になったことは明らかですね。

レベルの低い試合

これだけ反町ジャパンに欠陥がありましたから、逆転負けという結果に終わったのは、当然と言えば当然の結果だったと思います。ハッキリ言ってレベルの低いカタールに、いかにアウェイとは言え、逆転負けは、恥ずかしい結果と内容だったと思います。親善試合のオシムジャパンのエジプト戦よりも、この五輪代表戦の方が、真剣勝負度が高い分、面白い、関心が高い、ドキドキした、という人が多かったと思いますが、試合のレベルとしてはフル代表のエジプト戦の方が1つも2つも高いものでした。守備一辺倒で攻撃の形がない日本代表と、放り込みだけで策が無く個々のレベルも低いカタール、そういう全体的なレベルの差というものをしっかり考慮した上で、フル代表と五輪代表の試合を見て、分析して欲しい、評価して欲しいと思いますね。


李  6点

かなり走り回って守備に頑張っていました。この試合の反町ジャパンの戦い方で得点するのは至難の業でしたから、前半の守備における貢献だけで合格点を与えたいと思います。李は、いってこいやってこいのパスで得点できるような選手ではありませんから、このプレーが精一杯だったと思います。

本田圭 4点

シュート打てよ。ウイングならシュートを打たなくて良いということではありませんが、この試合では中盤に上がったのだから、もっとシュート意識を高く持たないとダメですね。Jリーグ第28節の試合でも本田圭はこの試合と同じポジションで起用されていましたが、どうもウイングやサイドバックとしてのプレーから中盤の選手としてのプレーへの切り替えが上手くできていないのですよね。残念です。

水野 3点

とても中途半端なポジショニング。攻撃に出るにも守備をするにも威力を持たないポジショニングでした。いかに個人能力が高くても、システム的な理解度と判断力が無い状態では、スタメンで使うに価しないと思います。梅崎を使って欲しいですね。

柏木 7点

孤軍奮闘。運動量、パス、ボールキープ、ドリブル、守備、中盤で1人で頑張っていました。しかし柏木はカカやドログバではないですから、1人では厳しいですね。後半交代させてしまったのは、体力的な消耗があったからとは言え、間違いであったかなと思います。 

青山敏 3点

ボランチに入った時、効いていないことが多いですね。攻守において効いていません。細貝とのダブルボランチならば、攻守の繋ぎ役として仕事を果たさなければならなかったと思いますが、全く仕事ができていなかったと思います。

細貝 4点

ストッパー、右サイドバック、ボランチ、守備的なポジションならどこでもこなせる細貝ですが、最終ラインで仕事をすることが多い為か、ボランチとしては最終ラインに吸収されて守備をし過ぎですね。ボランチならばもっと前で、最終ラインの前で守備的な仕事をこなさないとダメだと思います。

伊野波 3点

雑なフィードを繰り返していました。また、プレスへ前に出るタイミングが悪く、入れ替わられて左サイドを攻撃されていました。オシムジャパンでもネックとなっている左サイドバック。五輪代表でも人材不足は深刻ですね。これなら3バックであった方が良いと思いますね。

内田 5点

攻守に安定していますが、今のままでは五輪代表→フル代表へと道は開けていないと思います。攻守にもう一段階のレベルアップが必要だと思います。守備における1対1の強さとポジショニング、攻撃時のセンタリングの精度、もっともっと成長が必要ですね。

水本 5点

1対1での成長が見られるものの、全体を見渡す視界が狭いですね。3バックでの1ストッパーとしてならともかく、2枚センターバックとしては厳しいものがあります。左サイドバック伊野波の守備が悪くて、そのカバーに追われたということもありますが、局地的な守備だけでなく、全体を見渡して守備をするような能力が必要ですね。次々に課題を突き付けられて、水本にとっては試練の時ですが、これを乗り越えれば飛躍的な成長が望める最高の舞台に立っていますから、頑張って欲しいです。

青山直 6点

前半終了間際の得点は、またとない最高の先制点でしたが、逆転負けしてしまったことで、全てが無になってしまいました。強さを見せていましたし、青山自体のデキは悪くなかったと思います。しかし、全体的なデキが悪かったので、青山1人の力では失点を防ぎきれませんでしたね。残念な結果です。

山本 6点

相変わらず不安定さがあるのですが、好セーブも有り、まずまずのパフォーマンスだったと思います。2失点とも防げない失点だったと思いますから、まあ、仕方ないですね・・・。

家長 5点

後半から投入されて、ボールキープ力のあるドリブルでチャンスを作っていたと思いますが、全体的なパフォーマンスが低下して守備一辺倒になってからの投入でしたから、どうにも上手く攻撃できなかったですね。スタメンで起用して欲しかったと思います。

森島 4点

家長同様、チームがガタガタになってからの投入で、試合の中に入っていけなかったという感じでした。良かったものは変えないという鉄則がありますから、李ではなく森島をスタメンで起用していれば・・・という残念な思いは消えませんね。


実力がそのまま出たという感じでしょうか・・・。最終予選前のデキを考えれば、最終予選でのこれまでの結果は良い方に出過ぎていたという感じもありますからね。さて、これでまた、反町監督の更迭も再考しなければなりませんね。膿は早く出た方が良い、治療は早ければ早い方が良い、ということで、判断の時だと思います。


少しでも面白いと感じましたら、

◎ サッカー人気blogランキング ◎
○ サッカー FC2 Blog Ranking ○

への応援クリック投票をポチッと宜しくお願い致します。


関連記事
【2007/10/18 03:57】 | 北京五輪日本代表 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<エジプト戦後 オシムコメント | ホーム | エジプト戦>>
コメント
丸井さん、コメントありがとうございます。

厳しいですね~。
【2007/10/18 18:55】 URL | 管理者jube #-[ 編集] | page top↑
家長は右サイドでは厳しいですね
【2007/10/18 12:59】 URL | 丸井 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/660-51207513
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |