エトワール・サヘルvsパチューカ CWC準々決勝
浦和がセパハンに勝ち、
ミランに負けるという結果になれば、
どちらかと対戦する可能性が高い、
2つのクラブの戦いです。

記事を読む前に、
◎ サッカー人気blogランキング ◎
○ サッカー FC2 Blog Ranking ○
へのクリックをお願い致します。
○ 試合展開

前半は、
攻めるパチューカに、
カウンター狙いのエトワール・サヘル、
という展開に終始。
しかし、
どちらも情報の無い相手同士ということで、
手探り状態、
様子見の慎重な感じで終えた。
後半も、
まずは守備からというプランが、
どちらも変わらなかったので、
ジリジリした展開。
どちらが勝ってもおかしくない、
互角の戦いでしたが、
最後は結局、
後半40分、
エトワール・サヘルのナリーが、
ミドルシュートを決めて、
「1-0」と勝利しました。

○ 感想

どちらも、
チュニジアらしい、
メキシコらしい、
そのようなチームですね。
やはり、
各大陸の王者だけあって、
かなり組織立っており、
レベルは高いと感じました。
しかし、
ミランやボカと比べれば、
レベルは1ランク落ちるかな、
というのは否めないですね。

○ エトワール・サヘル分析

システムは、
「4-3-1-2」、
という形で、
後ろの「4-3」が、
守備ブロックをしっかり形成しながら、
カウンターを狙うスタイル。
しかし、
攻撃選手の個人技が高い、
個人で得点を奪ってしまうような選手は、
いないように思う。

○ パチューカ分析

システムは、
「3-4-3」、
という形で、
ショートパスを正確に繋ぎながら、
ドリブルも織り交ぜ、
最後は個人技で得点を奪うスタイル。
中央突破、
サイド攻撃、
どちらも有る。
守備は、
最終ラインと中盤の「3-4」が、
2ラインを組織的に形成しており、
そこに緩さは感じない。
しかし、
守備では3バックのサイドに、
ウィークポイントがあるように感じますし、
攻撃では、
割とゆっくり目で、
パスを足下足下で繋いでくるので、
そこを狙われると、
危険が多いかなと思います。

○ エトワール・サヘル対策

3位決定戦で、
浦和と対戦すると思っているので、
その対策ですが、
パチューカのように、
中盤でパスを回していると、
ボールを奪われてカウンター攻撃されてしまい、
それが最も危険なので、
中盤では、
それ程時間をかけないほうが良いと思います。
しかし、
守備をブロック形成で、
組織的なゾーン守備をしているということは、
ドリブルによる個人技の仕掛け、
長い距離をランニングする動き、
などには弱さがあると思いますので、
そのような動きを見せれば、
得点は奪えるように思います。
攻撃に関しては、
カウンター主体なので、
浦和の後ろの5人が、
集中していれば、
個人技がそれほど高いとは感じませんでしたので、
恐れることは無いと思いますね。
浦和レッズの実力なら、
勝てる可能性が高い相手だと思います。
但し、
意外性のあるミドルシュートは、
要注意ですね。
先制点を奪えれば、
かなり勝てる確率は、
上がるように思いますが・・・。


このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、


◎ サッカー人気ブログランキング ◎

○ サッカー FC2 Blog Ranking ○

への応援クリック投票をポチッと宜しくお願い致します。


UEFA全125試合


【2007/12/09 16:34】 | Jリーグ2007 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<広島の選手たちは移籍するべきか? | ホーム | 外国人監督待望論は外国人神話ではない。>>
コメント
モウリーニョさん、コメントありがとうございます。

浦和がもし対戦するなら、バチューカの方が面白そうではありますよね。それから、マスコミに期待しても仕方ないので、聞き流した方が良いですよ(苦笑) この試合は、モウリーニョさんが言われますように、ポゼッション対カウンターで、ポゼッションが負ける典型的な試合でした。もし浦和がエトワール・サヘルと対戦することになったら、恐れず、臆せず、戦って欲しいですよね。実力差は無いように思いますので。また、同じアフリカでも、ナイジェリアやカメルーンなどのブラックアフリカン系よりも、エジプトやチュニジアなどのアフリカ系の方が、日本は得意としているような気が、私もしています。
【2007/12/09 23:33】 URL | 管理者jube #-[ 編集] | page top↑
パチューカの方が興味深いフットボールしてましたね。メキシコのチームらしく「人とボールが動くフットボール」だったんじゃないでしょうか。しかし、この台詞を恥ずかしなく使うマスゴミって何なんでしょうか。(笑)人もボールも動かないフットボールを教えて欲しいものです。

パチューカはポゼッション重視のチームのお手本というべき負け方でしたね。前掛かりになったところをやられましたね。しかも、DFに当たって入るという不運ぶりもまた今日のパチューカを象徴していましたね。

浦和は何もエトワール・サヘルを恐れる必要はないですね。どっちも手数を掛けない攻撃が得意ですから、無理にボールを持たされたチームが負ける気がします。でも、日本はチュニジアという国に対して相性はいい気がしますが。
【2007/12/09 16:46】 URL | モウリーニョ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/756-29427c6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |