セパハン戦浦和R詳細分析 CWC準々決勝
「3-1」で快勝した試合で、完璧と呼べる試合ではありましたが、
攻守において、特に守備においては、悪い点も見られました。
それは何であったのか? 詳細分析です。

記事を読む前に、
◎ サッカー人気blogランキング ◎
○ サッカー FC2 Blog Ranking ○
へのクリックをお願い致します。
○ 良い守備

前半1分。セパハンがDFラインでボールを回している間に、浦和がしっかりと守備ゾーンを作り、インターセプトを狙う体制が整う。右サイドバックに出されたボールにワシントンがプレス。それに慌てたセパハン選手が中盤の選手にパスを出すが、そのパスコースは読まれており、阿部、そして、鈴木が素早く寄せてボールを奪う。これは前線からの守備の基本と言える良い守備でした。

前半3分。セパハンが左サイドからアーリークロスを入れ、そのボールを、坪井、闘莉王、ネネ、の3枚DF全員が後ろにすらしてしまうが、左ウイングバックの相馬が、セパハン右SHの選手にしっかりマークとしてついており、ゴール前まで戻ってボール奪うことができたので、ピンチを防げた。守備に課題有りの相馬だが、このシーンでは良い守備を見せました。

前半9分。浦和CKの流れから、浦和のスローインになった時、高い位置に残ったままの闘莉王が阿部に対し、3バックの1枚に入るよう指示。スローインの展開からセパハンのカウンター攻撃になり、右サイドにいたリダへボールが出たが、左ストッパーの位置へカバーリングしていた阿部が、1対1でリダに競り勝ち、セパハンのチャンスを潰した。闘莉王の指示、そして、阿部の対人守備判断、この2つの良い守備がセパハンの攻撃を防ぎました。

○ 悪い守備

前半26分。セパハンがロングボールを1トップFWに入れ、それは闘莉王が弾き返したが、阿部が少し高いポジションにいたこと、そして、鈴木が右SHからゴール前に上がってきていたリダについてPA内に入っていたことで、そのリバウンドボールをセパハンに奪われてしまい、更に、その選手をフリーの状態にしてしまいました。そこから右サイドのリダへボールを出されて、センタリング、という失点してもおかしくないシーンでした。このシーンでは、鈴木と相馬のマークの受け渡しが上手くいかず(相馬は左で余っていた)、鈴木がPA内に入ってしまったこと、そして、阿部が少し集中を欠いたことで、ピンチを招いてしまいました。

後半2分。これも前半26分と同じ状態の悪い守備でした。カリミが右サイドを突破して、センタリング体勢に入った時、やはり鈴木も阿部も、セパハンのPA外にいる選手を放り出して、PA内に完全に吸収されてしまっており、センタリングを弾き返しても、リバウンドボールを拾われ、その選手はフリー状態で、決定的なパスをその選手に出されてしまいます。このシーンではシュートがバーに当って救われましたが、失点シーンと言える思います。このような状態になった時、PA外でフリーになっている選手には誰がマークに付くのか? ウイングバックなのか? 前3枚の内の1枚なのか? そこは約束事が必要かなと思います。

後半12分。これも同じ。右からのセンタリングに対し、鈴木と阿部が早々にPA内へ。センタリングはGK都築がパンチングしたが、それが左の大外へいたアリサフィに渡ってしまい、左からPA少し外中央へドリブルしたアリサフィはフリーでシュートを放った。シュートは枠外へ逸れたので事無きを得たが、威力は充分であり、枠に飛んでいたら失点していた可能性の高いシーンでした。

後半34分。FKの流れから、小野が安易な横パスでパスミス。センターサークル付近でボールをインターセプトされ、FWカリミへ縦パス1本。それを更に闘莉王がクリアミスしてしまい、結局、カリミに得点を奪われてしまいました。いかに3点差があったとは言え、このような不用意なミスは絶対にダメですね。状況によっては、この失点が試合の流れを大きく変え、同点、逆転、という事態も引き起こしかねませんから、集中して欲しいですね。

○ 良い攻撃

前半29分。ビルドアップから、中盤へ下がってきたワシントンへボールを預け、ワシントンが起点となり、左サイドの相馬へパス。相馬もボールを持ち過ぎず、スピードのあるアーリークロスをGKとDFの間へセンタリング。永井が落とし(偶然かな?)、そこに長谷部が飛び込んでシュートした。長谷部が普通にシュートを打っていれば得点という残念なシーンではありましたが、ワシントンと永井が縦関係でポジションを入れ替えたことで永井がフリーとなり、相馬が早いタイミングでセンタリングしたことでセパハンDFの反応を遅らせ、トップ下の長谷部がトップスピードで飛び込んでくるという、かなりダイナミックで素晴らしい攻撃でした。この攻撃はミランにも通用すると思う。

前半30分。これもビルドアップから、長谷部へボールを預け、その長谷部が相馬へパス。相馬が個人技で縦へ抜けると、グラウンダーの丁寧なボールをゴール前へ。そこにファーから走り込んできた永井がピタリと合わせた、美しく完璧なゴールでした。相馬の仕掛けと丁寧なセンタリング、永井のオフザボールの動き、この2つの素晴らしいプレーがあっての先制点でした。

後半9分。相馬がドリブルでセパハンDFを2人抜き去ったことが起点でした。一度は防がれるも、再度、相馬がボールを奪い返して、阿部へパス。阿部が、セパハンDFの右大外背後でフリーになっていたワシントンへ速いパス。それをワシントンが巧みにゴール方向へトラップして、飛び込んできたGKもワンタッチでかわし、角度が厳しかったにも関わらず、冷静且つ正確にボールを枠へ蹴り込んで追加点を挙げた。相馬のドリブル、阿部の強くて正確なパス、ワシントンのポジショニングとトラップ、そしてシュート。これだけの素晴らしいプレーが連続してのゴールで、まさにビューティフルゴールでした。

○ 守備について「まとめ」

フランスW杯の時のフランス代表を思わせるような、組織的なカバーリング意識の高い守備は流石でした。また、鈴木&阿部というダブルボランチは、前線と中盤での守備が素晴らしく、対人守備でもインターセプトでもプレスでも、かなり高いパフォーマンスを見せていました。それは90分間続き、素晴らしいものでした。しかし、その一方で、攻め込まれた時には、すぐにPA内へ入ってしまい、そのことによって、リバウンドを確保した相手選手に対する守備が甘くなってしまう傾向がありました。次に対戦するACミランの場合、そのフリーにさせてしまうゾーンでプレーするのは、カカ、セードルフ、ピルロ、であり、これはかなり危険だと言えます。そこから精度の高い決定的なパスを出されたり、強烈で正確なミドルシュートが飛んできた場合には、かなり失点の可能性が高まると分析できます。攻め込まれた時にどうするのか? 鈴木&阿部が我慢してPA内深く入らないようにするのか? ウイングバックもしくはトップ下の選手が戻ってくるのか? それは修正して決めておく必要があると思います。

○ 攻撃について「まとめ」

この試合で見せた相馬の突破による攻撃は、三都主が存在した頃の浦和の攻撃を彷彿とさせました。2006年は、この左サイドの攻撃が威力を持ち、浦和の攻撃を牽引していました。2007年も、左に入った平川が高いパフォーマンスで攻撃できていた時は、得点力が上がっていました。ワシントンというFWを最大限に活かすにはサイド攻撃が欠かせません。ACミラン戦でも、相馬がどれだけ左サイドを崩せるのか、それが攻撃の生命線を握ることになりそうです。ビルドアップから素早くシンプルな展開でワシントンや長谷部にボールを渡し、そこから相馬へ。そして、DFやボランチの選手がゴール前へ、このような攻撃が、ACミランの守備を崩す鍵になると考えられます。

○ その他に気になったこと。

それは、セットプレーですね。小野が入るまでは、永井がCKやFKのキッカーとして蹴っていたのですが、なぜ永井なのでしょうか? 阿部は守備に穴を作らないという理由で蹴らないのは解かるのですが、キッカーは、永井ではなく、長谷部の方が良いように思います。この試合では、そこが疑問でしたね。それから、守備でも、割と高さで競り負けるシーンや、相手をフリーにしてしまうシーンが目立ちました。ACミランにはハイレベルのキッカーがいるし、DF陣やアンブロジーニなど、高さに強い選手がいるので、結構、危険かなと思います。ここは修正して欲しいところですね。


このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、


◎ サッカー人気ブログランキング ◎

○ サッカー FC2 Blog Ranking ○

への応援クリック投票をポチッと宜しくお願い致します。


UEFA全125試合


【2007/12/11 09:21】 | Jリーグ2007 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ACミランの分析と対策 | ホーム | 浦和Rvsセパハン CWC準々決勝>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/760-8a59c952
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |