浦和レッズvsエトワール・サヘル CWC3位決定戦
2007年12月16日。
スコア:「2-2」。浦和勝利。
得点:フレジ(PK) ワシントン×2 シェルミティ

記事を読む前に、
◎ サッカー人気blogランキング ◎
○ サッカー FC2 Blog Ranking ○
へのクリックをお願い致します。
浦和レッズのCWCも最後の試合。
また、
浦和レッズの2007年最後の試合。
そして、
浦和レッズの選手としてワシントンの最後の試合。

私は浦和のサポーターではありませんが、
何か感慨深いものがありますね。

これで、
世界3位という称号を、
アジアにもたらしてくれれば、
有終の美と言えるのではないでしょうか。

さて、
スタメンですが、

FW:永井 ワシントン
MF:山田
MF:相馬 長谷部 鈴木 細貝
DF:ネネ 阿部 坪井
GK:都築

ということで、
怪我の闘莉王が外れ、
代わりに山田がスタメンとなりました。

前半開始。

前半1分。
浦和のCK。
チャンスにはならず。

前半2分。
浦和のCK。
上手く崩せず。

前半3分。
浦和のCK。
ネネに合ったが、
上手くシュートできず。

前半3分。
そのCKの流れから、
サヘルが縦パス1本。
シェルミティのマークについていた、
坪井がクリア処理を誤り、
裏へ抜けられると、
坪井がPA内でシェルミティを倒し、
サヘルがPKを獲得。

PKがきっちり決まって、
サヘルが先制点を挙げた。

坪井には、
そのボール扱いに、
いつも不安を感じていて、
しかし、
この大会では安定しているなぁ、
と思っていたのですが、
ここでやってしまうとは・・・。

でも課題は攻撃なのだから、
1点リードされる展開は、
願っても無いチャンス。

得点を奪って、
同点に追い付けるか?
逆転できるか?
そこを楽しみにしたいですね。

前半15分。
浦和のCK。
早くも5本目のCK。
しかしチャンスにならない。

前半23分。
永井のシュート。
これがこの試合の浦和の初シュート。
ミドルシュートは、
GKにキャッチされる。

浦和の選手の方は、
ボールを持って考えている時間が長いですね。

ワシントンがガチでマークされて、
スペースも少ないので、
「くさび」を入れ難いのも解かるのですが、
もっとダイレクトプレーを増やして、
リズムを作るような攻撃が欲しいです。

前半35分。
右からのクロスがワシントンへ。
その競り合ったボールが左へ流れ、
相馬がリバウンドを確保。
そこからワシントンへドンピシャのセンタリング。
豪快なワシントンのヘディングシュートが、
サヘルの「カテナチオ」を打ち破った。

よっしゃー!!!
やっぱりワシンは凄いよ!
相馬のクロスも素晴らしい!

来年、
ワシン&相馬のラインが見られなくなるのは、
残念ですね・・・。

前半39分。
山田から上手く裏へ走った永井へパス。
その永井が中央へ折り返し、
ワシントンが反転してシュート。
しかし、
惜しくも枠の右上角に当たり、
逆転ゴールはならなかった。

惜しいなぁ~!
これが決まっていれば、
一気呵成だったのになぁ。

前半42分。
サヘルのCK。
ファーでヘディングされ、
危ないシーンだったが、
ポストと都築が何とか防ぐ。

良かったッス(汗)
危なかったッス(苦笑)

そして、
前半終了。
スコアは「1-1」ということで、
互角のまま前半を終えました。

実況や解説は、
サヘルが攻撃的である、
というようなことを言っていましたが、
私が見る限りの試合展開としては、
浦和が前に出て、
サヘルがいつも通りカウンター狙いである、
そのような前半に見えました。

しかし、
試合内容としては、
ほぼ互角。

坪井がミスしなければ、
リードで折り返せたかもしれませんが・・・。

相馬→ワシントンのゴールは、
まさにビューティフルゴールでしたね!
後半も、
このようなゴールを期待でしたです。

守備では、
ミスさえしなければ、
シェルミティもそれ程怖くないですから、
とにかく、
冷静且つセーフティーに守って欲しいですね。
頼みますよ、
坪井さん・・・。

攻撃では、
とにかくリズムですね。

球離れを速くして、
ダイレクトパスとロングランニング。
これに尽きます。

もう残り45分なのですから、
走って走って走って欲しいです。
死ぬほど走っても死にませんからね(笑)

後半開始。

後半1分。
サヘルの選手のシュート。
これはバーを越える。

後半3分。
サヘルに右サイド、
個人技で突破され、
シュートまで打たれるが、
ボールは枠を外れる。

う~ん・・・、
ちょっとネネが・・・。

個人技で簡単に突破されるシーンが目立ちますね・・・。
不安です・・・。

後半14分。
サヘルのセットプレーのチャンス。
しかし防ぐ。

後半18分。
ここまでは、
前半と変わって、
サヘルが厚く攻める展開が続く。
浦和は、
少しカウンターへ入る時の、
ミスが目立つようになる。

頑張れ!
もう少しだぞ!

後半20分。
細貝のミドルシュート。
しかし枠を外れる。

後半23分。
サヘルのCK。
浦和DFが弾き返す。

後半25分。
相馬が左サイドからセンタリング。
それが相手のハンドとなり、
FKのチャンス。

永井の蹴ったボールが、
ワシントンにドーン!
ヘディングシュートもドーン!

私の感情もドーン!(笑)
やった! やった! やった!
逆転ゴールだー!

ワシントンがユニフォームを脱いで、
そのユニフォームを地面に置き、
正座して頭を下げるパフォーマンス。
感動的なシーン。

しかし、
その直後に、
2つ危ない場面。

得点後すぐの守備では、
集中力を欠いてはいけない。

そう思っていたら、
やはりそういうシーンが。

シェルミティの強引な突破で、
倒れた瞬間、
浦和の守備陣が止まってしまい、
シェルミティにゴールを許す。

これで、
「2-2」、
再び同点。

試合は、
シーソーゲームの様相を呈してきた。

後半32分。
浦和が怒涛の攻撃で、
サヘルのゴールを脅かすが、
得点は奪えず。

後半33分。
サヘルの選手が、
狙い済ましてシュート。
これは枠を外れる。

後半37分。
サヘルが右サイドからのクロスを、
ゴール前で合わせてヘディングシュート。
都築がキャッチ。

サヘルが、
勝利を狙って、
ガンガン攻撃を仕掛けてくる。

浦和も攻撃して欲しい。
このままでは危ない。

後半40分。
サヘル2回のCK。
何とか防ぐ。

勝って欲しいなぁ。
負けないで欲しいなぁ。
胃が痛いッス。

ロスタイムは2分。
そして、
後半47分。
試合終了。

スコアは「2-2」。
同点で終了。
試合はPK戦へ。

浦和1本目。
ワシントン。
左下へ決める。

おし!

サヘル1本目。
ナフカ。
カン!(←ポストに当る音)
左ポストへ当って外へ。

グッド!(笑)

浦和2本目。
阿部。
右へ決める。

おし!おし!

サヘル2本目。
ヘサル。
右に決める。

浦和3本目。
永井。
右にしっかり決める。

おし!おし!おし!

サヘル3本目。
ベンサフル。
決める。

浦和4本目。
細貝。
左へ決める。

もう少し!
世界3位へもう少し!

サヘル4本目。

都築が止める!!!

浦和世界の3位へ!!!

素晴らしい!
本当に素晴らしい!

浦和レッズ、
世界第3位おめでとう!


その他には、
何も言うことはありませんね!


このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、


◎ サッカー人気ブログランキング ◎

○ サッカー FC2 Blog Ranking ○

への応援クリック投票をポチッと宜しくお願い致します。


UEFA全125試合


【2007/12/16 18:07】 | Jリーグ2007 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<ACミランの選手から何を学ぶべきなのか? CWC決勝戦 | ホーム | 「私はビッククラブ向きの監督ではない」 オシムの言葉1>>
コメント
モウリーニョさん、コメントありがとうございます。

私たちは、歴史の大きな通過点を見ましたよね。ここから日本のクラブは1つ先のステージに上がることができたと思います。そして、そこにワシントンという選手がいたことも、忘れずに憶えておこうと思います。

阿部は世界へ行って欲しいです。坪井は、まあ、ね・・・(笑)
【2007/12/17 21:18】 URL | 管理者jube #-[ 編集] | page top↑
まずは浦和おめでとう。クラブレベルの日本フットボール発展のパイオニアになりましたね。元からか。(笑)
やはり、日本のチームはブラックアフリカンよりはアラブアフリカンのチームとの方が相性いいですね。ワシントンのプレーは素晴らしかったですね。本当にストライカーの手本というものを日本に教えてくれたと思います。
残念でならないのが一部の方のブーイングですね。相手への敬意が欠けています。
それと阿部勇樹。もう日本で学ぶことはない。オシムが育てた日本人最高傑作プレイヤーとして飛躍してくれ!!
それから坪井さん。もう代表に選ばれても辞退してください。(笑)
【2007/12/16 18:17】 URL | モウリーニョ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/771-66a5d26c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |