セルティックvsバルセロナ CL 1st.leg
セルティックパークは相変わらず凄い雰囲気ですね。
このスタジアムだと強豪クラブ相手でも何かが起こる気がしてきます。
まあ、残念ながらバルサ相手に2点取って、
常にリードしながら逆転負けしてしまい、
その何かは起こらなかったわけですが・・・(苦笑)

記事を読む前に、
◎ サッカー人気ブログランキング ◎
○ サッカー FC2 Blog Ranking ○
へのクリックをお願い致します。
この試合では言いたいことがたくさんありますね。

1つにはロナウジーニョ。

リーガでは不調振りを発揮しているのに、
この試合ではコンディション良さそうに見えました。
いや、完全に良い時のロナウジーニョでした。
左の高い位置ワイドオープンにひらたロナウジーニョへ速くボールが入って、
そこで収まってから大きく右のワイドオープンへ、
05-06シーズンによく見られた形が見られました。
ロナウジーニョがこういうプレーをすると、
攻撃がとても魅力的ですね。
場合によっては細か過ぎるバルサの攻撃にダイナミックスさが出ます。
但し、やはりロナウジーニョがこういうプレーをする時は、
パートナーはメッシのようなタイプの選手ではなく、
ジュリのようなタイプの選手の方が機能しますね。
メッシだと縦のスペースへ走ってボールを受けれないので、
そういう意味でロナウジーニョとメッシのウイングは機能性が低い気がします。
もちろん高いレベルで、という意味ですが。
個の力で点取ってしまいますからね・・・(苦笑)

2つにはセルティックの戦い方。

2トップなのか1トップなのか解かりませんが、
FWがもう少し2バックのサイドへひらくようなポジショニングが欲しいですね。
DF4+MF4でブロックを作って守るのは良いのですが、
そこで奪ったボールを、
俊輔を経由してサイドへひらいたFWへ縦へ速く展開する、
それが対バルサの最も効果的な攻撃方法だと思います。
もしくは俊輔自体が右の高い位置にいるかですね。
その場合はボランチにレジスタタイプの選手か、
DFにロングフィードの上手い選手がいて、
そこから正確なロングボールを蹴れる選手が必要ではありますが。
2得点こそ奪いましたが、
崩したと言うより強引なクロスが幸運を呼んだヘディングゴール2発だったので、
そういう意味では、
その幸運を勝利に結び付けられなかったのは残念ですね。
セルティックの場合は、
2点取ったことより3点取られたことの方が、
戦い方としてどうだったかなと思います。

3つにはアンリについて。

やはりエトーに比べてボールへの絡みが少ないですよね。
アーセナル時代には1発狙いのプレーでも良かったですが、
バルサの場合はもっとボールタッチ数を多くしないと、
いつまで経ってもフィットしていないと言われてしまいそうです。
後半、ロナウジーニョとポジションチェンジして左に出てからは、
得意の形が発揮できて、その得意の形から同点ゴールも決めましたが、
左にはロナウジーニョとドス・サントスという選手がいますから、
できれば何とか中央で機能するようになりたいところです。
ボージャンという選手もいるので、
怪我やコンディション不良の選手がいなければ、
ターンオーバー制の控え側に回ってしまうことも有り得ますね。

4つには俊輔について。

右にいても左にいても、
守備負担が増えてくると消えてしまいます。
相手が最高のポゼッション力を持つバルサなので、
その対応に走り回ってしまうと、
悪循環になってしまうと思います。
ストラカン監督には俊輔の使い方として、
なるべく守備負担を減らすような使い方をして欲しいですね。
低い位置で俊輔がボールを持つと、
競り負けたりパスをインターセプトされて失点につながるというケースも多いので、
見ていて危うさを感じます。
俊輔にもっと得点力があればFW的に起用できるのですが、
そこが俊輔を使う時の監督の悩み所ではありますがね・・・・。

5つには「4-3-3」と「流動的」ということついて。

レアルのことを絡めた同じような題材の記事でも書きましたが、
バルサの選手ぐらい個々の選手のレベルが高くないと、
「4-3-3」も「流動的」もやはり厳しいですよね。
「4-3-3」の場合はどうしても個が個としてボールキープ力なり突破力がないと、
なかなか機能しないところがありますからね。
さらに加えて「流動的」ということになると、
ポジショニングにも優れていないとダメですから、
これを日本代表でやろうとすることは理想論的過ぎるかなと思います。
個の力という前提を無視して、
システムだけで何とかしようというのは、
非現実的だと思います。
バルサとセルティックぐらい個の力の差があれば、
最も美しいサッカーの1つではあると思いますが・・・。
日本代表は日本代表選手の個の力に適したサッカーを選択するべきだと思います。


このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、


◎ サッカー人気ブログランキング ◎

○ サッカー FC2 Blog Ranking ○

への応援クリック投票をポチッと宜しくお願い致します。

【2008/02/22 18:50】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<御要望案件記事について。 | ホーム | 協会と監督はもっと強く抗議するべき。>>
コメント
jLさんへ

成功例を増やすということは確かに重要ですよね。それによってjLさんが言われますような効用もあると思います。但し、中田浩二や稲本を見ていると、果たして成功していると言えるのかどうか、少し疑問があります。宮本や三都主などもそうですね。三都主はまだ判りませんが、中田浩二や稲本がレベルアップしたようには感じない反面、試合出場はほとんど無かった小笠原には成長を感じます。しかし、柳沢には感じません。要するに、数だけ増やしてもあまり意味は無いかなと、個人的には思っています。それならばJリーグでプレーしていた方が、という海外移籍もありますしね・・・。

それから、南米は、フィジカルや戦術、環境、経験を積む機会という面でやはり欧州より遅れている、という御意見ですが、私はそう思っていません。南米選手が欧州に渡ってすぐに活躍していること、CWC(トヨタカップ)で欧州と南米の勝率は五割ということ、それを考えても南米が欧州より遅れているとは思いませんし、最近では南米でも欧州並みの組織的なサッカーをしているように感じています。環境と経験という意味でも、悪い環境であることが日本人にとっては良い経験になるように思います。日本人選手は少し過保護な環境でプレーしていますからね。そしてなによりも、私は、日本人選手には南米サッカーを学んで欲しいという希望があります。それは「日本サッカーの日本化」の為にもですね。
【2008/02/23 08:33】 URL | 管理者jube #-[ 編集] | page top↑
お返事ありがとうございます。
jLです。

そんなに、押されてたんですか・・・
バルサは前線は人が足りてるけど、ディフェンスが・・・特にSBが
まあ、CBも個人的にはもっと層を厚くしたほうがいいと思うのですが
SBに関して言えば世界的に見ても供給不足な気がしますけどね

話を日本代表の強化のための海外移籍にうつして・・・

自分は中田浩二やトルコにいたころの稲本のような選手がいたほうがいいと思うんですけどね
プレースタイルという意味じゃなくて
なんというか、欧州での成功例という意味で

ここで言う成功例(日本人の評価をあげる方法)とは、ある程度のレベルのリーグでポジションを不動のものとすることです
もっと欲を言えば、UEFA杯やCLの予選常連のクラブでレギュラーですね
そうすれば、国際経験豊富な日本人もでてきますし

まず、日本の選手は世界的にみるとこんな感じじゃないかと・・・
①実力の割りに金がかかる
②正直、南米や東欧、アフリカのほうが安い し使える
③その上、移籍期間が合わないから獲得しにくい

だから、まず先ほどのように選手を送り込んで、欧州での日本人の評価をあげればさらに移籍は増え、また、選手も移籍しやすくなり、しかも、リーグのレベルが高いと思われて、もっと質のいい外国人がくるようになりますし

将来的にはJリーグはアジアのトップレベルの選手たちがプレーしヨーロッパに移籍するための「経由国」(アジアの登竜門)となり、

そして北中南米、アフリカ、ヨーロッパの中堅レベルの選手たちが「まあ日本なら失敗じゃないかぁ、金もまあまあだし環境的にもまあいいほうだし」って思うリーグになって欲しいです

代表でのマッチメイキングも日本人の評価が上がればもうすこし強いとこと試合できるようになりますし

個人的にはブラジルよりはメキシコで活躍できればいいと思いますけどね

でも、南米だとやはりフィジカルや戦術、環境、経験を積む機会という面でやはり欧州より遅れていると思います
だから、欧州にいって欲しいんですよね



【2008/02/23 00:53】 URL | jL #-[ 編集] | page top↑
jLさん、コメントありがとうございます。

この試合のセルティックの場合は、だれがどうこうというよりも、全体的に苦しい感じでしたね。それでも2点奪ったのですから勝つチャンスだったのですが、3失点してしまってはセルティックのゲームではなかったように思います。まあ、実力差をあれだけ見せながらも2失点してしまうところが、今のバルサを象徴しているわけでもありますが・・・。スコットランドのクラブがCLで躍進する為には、もっと技術的な面での進歩が必要かなと思います。もしくはユーロで優勝した時のギリシャ代表ぐらいガチガチの守備を身に付けるかですね。

日本選手を海外へ移籍させることは積極的になされるべきだと私も思います。特にJや日本代表でMAXと言える活躍をしている選手は、もっと意欲的に海外へ売り込んでも良いと思います。年齢ということに関わらずですね。移籍先に関しては、スペインやブラジルが最も日本人選手に適しており、また、日本らしいサッカーをする上での成長という意味でも、スペインやブラジルが良いかなと現時点では考えています。アルゼンチンも悪くないですね。逆に、欧州の中堅国リーグに関しては、どうかな? と思っています。俊輔もできるならスペインリーグなどへ行って欲しいですね。
 
【2008/02/22 23:50】 URL | 管理者jube #-[ 編集] | page top↑
jLです。
この敗北でセルティックはかなり厳しくなりましたよね。
自分はまだこの試合を見ていないのですが、管理人さんの記事を読む限りかなり苦戦していたのがわかります。
セルティックに関して言えば、俊介よりもマクギーディーのほうが得点に絡むなど動きはよかったのでしょうか
俊介の場合強引にドリブルでいくってタイプじゃないですからね。
新聞を読むとバルサのプレスに苦戦したって書いてありましたし・・・
この辺が勝敗をわけたのでしょう

やはり、スコットランドもレベルが高いとはいえスペインの2部より少し強い程度の実力なんっすかね。

日本代表を長期的な強化するという視点に立つと、個人的には海外移籍を日本サッカー協会が、積極的に推し進めていかなければならないと個人的には思うのですが。

ギリシャ、ポルトガル、ベルギー、ウクライナ、ロシア、チェコ、トルコ、オーストリア、メキシコ、ブラジル、アルゼンチンなどのリーグあたりがスコットランドとだいたい同じくらいのレベルで、日本人は今後このような国に移籍していくのがいいのではないかと思うのですが・・・
どう思います?
【2008/02/22 19:43】 URL | jL #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/873-bafd5384
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |