攻撃的なスタイルのチームを作ろうとすると時に、最も重要な事は、何枚で守るのか、何枚で守れるのか、という事。バルセロナとレアル・マドリードから考察。
基準を「4-4」もしくは「5-3」の8枚とするとすれば、8枚でも守れなければ「4-5」もしくは「5-4」の9枚にする、という事になるし、8枚で守れていれば「4-3」もしくは「3-4」の7枚にする、更には、7枚で守れているなら「4-2」や「3-3」の6枚にする、という事ですね。

記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
続きを読む
【2013/04/19 15:55】 | システム・戦術論 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ファーガソンの「4-4-2 ダイヤモンド型」についての考察。現状の問題点とそれを解決するためのポイントとは?
ファーガソンは、中盤をダイヤモンド型にしている、と言っていますが、ダイヤモンド型の中盤の形には大別して2種類有り、つまり、「4-3-1-2」の3ボランチ型と「4-1-3-2」の2列目3枚型。そして、ファーガソンの発言を聞いていると、その意図としては「4-3-1-2」の3ボランチ型なのかな、と思うのですが、しかし、実際の試合においては、香川とクレヴァリーは2列目のサイドの位置でプレーしている事も多く、実質的には「4-1-3-2」に近くなっているように感じます。

記事を読む前に、
◎ サッカー人気blogランキング ◎
○ にほんブログ村 サッカーブログ ○
○ サッカー FC2 Blog Ranking ○
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
続きを読む
【2012/10/27 11:45】 | システム・戦術論 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
なぜ日本人FWが得点を取れないのか? 日本サッカーの組織力をもっと高めるためにはどうすれば良いのか?
日本人FWの大きな特徴の1つは、個人での打開力が無い事。つまり、個人技だけで得点を取ってしまう能力が低い、という事ですね。日本人選手には優秀なパサーが多い。しかしその事が、FWの「個人技だけで得点を取る」という能力の必要性を低下させ、もっと言えば、それを悪とするようなところもある。やはりこの文化というのは、変えていかなければならないと思っています。

記事を読む前に、
◎ サッカー人気blogランキング ◎
○ にほんブログ村 サッカーブログ ○
○ サッカー FC2 Blog Ranking ○
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
続きを読む
【2011/12/28 11:45】 | システム・戦術論 | トラックバック(1) | コメント(2) | page top↑
システムが在るようで無い。という事ではない。ズレをシステムに組み込んでいる。という事。
バルセロナのサッカーを評する時に、その柔軟なシステムに驚く、だとか、「4-3-3」だの「3-4-3」だの、そういうシステム論は意味が無い、とか、そういう評をよく目にするのですが、個人的には、なぜそういう方向性へ話を持っていくのか、よく理解できないところがあります。バルサには、きちんとしたシステムがあります。但し、ズレをシステムに組み込んでいる、という事ですね。

記事を読む前に、
◎ サッカー人気blogランキング ◎
○ にほんブログ村 サッカーブログ ○
○ サッカー FC2 Blog Ranking ○
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
続きを読む
【2011/12/14 11:45】 | システム・戦術論 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
後編。「3-4-3 ダブルボランチ型」を機能させるにはどうしたらいいの?
FW: 岡崎  前田  関口
MF:
MF:安田 遠藤  長谷部 西
DF: 伊野波 今野 栗原
GK:     川島

FW: 岡崎   李   本田
MF:
MF:長友 遠藤  長谷部 内田
DF: 伊野波 今野 吉田
GK:     川島

記事を読む前に、
◎ サッカー人気blogランキング ◎
○ にほんブログ村 サッカーブログ ○
○ サッカー FC2 Blog Ranking ○
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
続きを読む
【2011/06/17 11:45】 | システム・戦術論 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
前編。「3-4-3 ダブルボランチ型」を機能させるにはどうしたらいいの?
と言う事で、今回は、前回のエントリーの内容を踏まえて、先日のキリンカップでザックジャパンがやった「3-4-3」にはトップ下がいなかった、つまり、「3-4-3 ダブルボランチ型」だった、という事について書いてみたいと思いますが、その前に、もう一度、ユニット、という事について書かせて下さい。

記事を読む前に、
◎ サッカー人気blogランキング ◎
○ にほんブログ村 サッカーブログ ○
○ サッカー FC2 Blog Ranking ○
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
続きを読む
【2011/06/16 11:45】 | システム・戦術論 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
後編。4バックと3バックはどこが違うの? そしてその機能性の話。
では、どの方法が一番ベストなの? という事について言うと、全て一長一短があって、一概にはどれがベストだとは言えないところがあります。また、1つの問題として、3つ目と4つ目は、結局は4バックと一緒じゃないの? 結局は最終ラインを4枚で守るのと一緒じゃないの? という事があります。

記事を読む前に、
◎ サッカー人気blogランキング ◎
○ にほんブログ村 サッカーブログ ○
○ サッカー FC2 Blog Ranking ○
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
続きを読む
【2011/06/15 11:45】 | システム・戦術論 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
前編。4バックと3バックはどこが違うの? そしてその機能性の話。
先日のキリンカップでは、「3-4-3」、「4-2-3-1」、という感じに、フォーメーションという事が大きな話題となりましたが、ザックの「4-2-3-1」は「4-2-1-3」という形にかなり近く、つまり、3トップ、もしくは、3トップ気味、という部分は変わらないと言えます。

記事を読む前に、
◎ サッカー人気blogランキング ◎
○ にほんブログ村 サッカーブログ ○
○ サッカー FC2 Blog Ranking ○
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
続きを読む
【2011/06/14 11:45】 | システム・戦術論 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
近年また多くなってきた中盤をダイヤモンド型にする布陣について。その機能させるポイントとは? 「4-3」における守備方法とは?
近年また多くなってきた中盤をダイヤモンド型にする布陣について。
その機能させるポイントとは?
「4-3」における守備方法とは?

記事を読む前に、
◎ サッカー人気blogランキング ◎
○ にほんブログ村 サッカーブログ ○
○ サッカー FC2 Blog Ranking ○
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
続きを読む
【2011/02/12 11:45】 | システム・戦術論 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ